やはりお金は大事だと思います。

bsPAK57_hu-nsoredetoreikokunamanazasi

 

経営者側と従業員側とではやはり埋めきれない溝というのは存在すると思います。

 

私は最近転職した29歳の男性なのですが、入社して1ヶ月でとても嫌になり辞めてやると思った時が多々ありました。それが金銭問題です。

 

どこの会社も多少なり面接での説明と現場では違いがあるとは思いますが、ここではそれを遥かに超えた内容でした。

 

私には家族がいますので、とにかく社会保険というのは確実に早期に加入したい為面接、入社前日と念を押して社会保険の加入をお願いします。とお伝えし、社長からも了承の旨を頂いたのですが、入社して1ヶ月を過ぎても保険証が届いておらず、何度か社長に話をした所忘れてましたという返答がありました。

 

家族がある私としては面接、入社前日と念を入れてお伝えしたつもりだったので、その時点でこの会社大丈夫なのだろうかと思ったのですが、誰にもミスはあると思い、その際にまたお願いしますとお伝えしたのですが、そこから1週間また音沙汰がありませんでしたので、またお伝えしたらようやく頼んでる社会保険労務士さんに電話をしてくれて、そこで始めて必要になる書類を話されました。

 

驚愕だったのが、私が何度か必要な書類はありませんか、とお伝えしたのに年金手帳の写しだけほしいと社長から言われたのでそれをお渡ししていたので、書類の手続きは終わっており、保険証が届いていないだけかと思っていた所手続きすらまだだったという事です。

 

確かに中小企業の社長は忙しいというのも理解してはいますが、こういう事は今までの会社なら早急にやって頂けていた重要で基本的な事なので、本当に大丈夫なのだろうかと本当に不安になりましたし、奥さんからもこの会社大丈夫なの、と不安がられました。

 

 

そしてその後も一般の企業では考えられない事がまだまだ起きました。

 

それが給料の遅れです。

 

別に会社自体にお金が無いという訳ではないのは火を見るより明らかで、結構忙しくて利益もしっかりと出ているのは皆の給料からも分かりました。

 

ですが中小企業で社長一族が経営陣なので、給料の支払いも社長の奥さんがやっており、手馴れている一般の会社の経理の方とは違い処理が中々終わらずいつも給料日に間に合っていないのが現状です。

 

これって私が今までいた会社なら有り得ない事ですし、一般的な会社でも有り得ない事だと思います。

 

やはり皆給料を貰う為に働いているといっても過言では無いと思いますので、給料日にちゃんと給料が入っていないというのはとても大きな不安要素でして、本気で辞めてしまおうかと考えてしまいました。

 

そして厄介なのが、その社長自体がその行為を悪い事と認識していないという事です。

 

その社長が以前働いていた時には保険なんて一切入っていなかった所みたいでして、そういうお金にはずさんな所が出身だった為か、自分の経験してきた会社に比べたら全然まともだよと思っているのが見て分かります。

 

給料に関しても確かに皆納得がいく額を頂いているのですが、それでも給料日の不安定さと社会保険の加入の曖昧さというのは今まで普通にサラリーマンをしていた私にとっては辞めてしまおうかと本気で悩む位重要な内容でした。

 

実際、何度辞めようと思ったか数え切れません。

 

中小企業はそういったデメリットがありますので気を付けないと痛い目にあいますよ。

 

コメントを残す