上司が尊敬できない時に辞めたいと感じます

-shared-img-thumb-150425254647_TP_V

 

私が会社を辞めたいと思った時、それは上司を尊敬できないと思った時でした。

 

上司というのは、部下の見本となる人でないと、仕事をすることができないのです。

 

そのため、こんな上司がいると、辞めたくなるという内容について、まとめてみました。

 

直ぐに怒り出す上司

 

上司には、いつも冷静であって欲しいと望みます。

 

しかし、冷静でいられない時もあると想像をします。

 

かといって、自分が動揺をしたからと、部下にそのことを怒りで示すのは、いやになります。

 

そのことを知っているだけに、感情をコントールすることができないのかと思ってしまうのです。

 

また最も困ることは、上司の機嫌が悪いと、仕事をしづらいということです。

 

そのことが一番辛いと感じます。

 

いつも上司の顔色を伺って仕事をするようになり、そのことはとても時間の無駄であると思ってしまいます。

 

やる気のない上司

 

上司がやる気がないと、本当に最悪です。

 

そんな時には、直ぐにやめてやるという気持ちになります。

 

また、もしも移動をすることができるのなら、移動の希望を出すことにしています。

 

上司がやる気がないと、自分としてもモチベーションが下がってしまうのです。

 

また、そのような上司のところは、スタッフ全員がやる気のなさがにじみ出ています。

 

そうなると、自分が侵食されないうちに、早く抜け出したいと感じます。

 

 

上司が部下に対して厳しすぎる

 

部下に対して、厳しすぎるということも、辞めたい理由となります。

 

24時間働いている気分になり、精神的に参ってしまうからです。

 

上司のプレッシャーはいるだけで、ストレスとなるので、それ以上にかけられてしまうと、辞めたい気持ちが大きくなります。

 

上司の保身重視なところを見た時

 

上司だって人間なので、人間として貪欲なところもあると思います。

 

しかし、通常は部下のことを真っ先に考えて、行動をするのが上司であると思っています。

 

そんな時、上司が自分ことしか考えていないという感じがした時、いやになってしまうのです。

 

チームワークも乱れ、スタッフ全員がやる気をなくしてしまいます。

 

上司が損得を考えて行動をしていると思った時、信用できないと感じます。

 

会社の中では、上司と部下という立場で仕事をする時、見えないと思っていても、部下からはしっかりと見えていることがあります。

 

そしてそのことを上司には伝えることなく、辞めたいという気持ちだけが膨らんでいきます。

 

そのため、上司の行動というのは、いつも部下が見ていると思ってして欲しいと願っています。

 

コメントを残す