会社の歯車の一つだとしても、使い捨ての駒では決してない!

 

職業安定所で見掛けた募集要項では【AM8:00~PM6:00】の勤務時間で【週休2日】という内容だったのにも関わらず、いざ勤めてみるとその殆どが守られていませんでした。

 

業種は車の代理店。

 

少々ならサービス残業があったって文句は言いませんが、まず朝礼とやらでAM7:30に会社に着いていなければいけませんし、毎日のようにPM9:00まで残業が発生します。

 

社内ではこれを残業と呼ばず“日々の業務処理の時間”と称し、賃金が発生しないよう処理されます。

 

-shared-img-thumb-OZP85_iPhonijirinagarairaira_TP_V

 

営業を担当している私に会社用の携帯は支給されず、私個人のもので代用させられます。

 

売上があった時だけ一定の電話代が支給されます。

 

お客様からの要望・クレームなどが全て私個人の携帯にかかってくるので、休日もなにもあったものではありません。

 

週休2日の謳い文句も虚しく、週一で休みがあればいい方でイベントだ何だと新入社員は勝手に次々と予定を埋められていきます。

 

流石に休日手当は出ますが、相談なく予定が埋められていく様子はまるで会社の部品の一つのような扱いでした。

 

 

そんな状況にも慣れだした頃(慣れてどうする!笑)、ある日会社に出社すると上司がカンカンに怒っていて私に詰め寄ってきました。

 

何事かと事情を訊くと「なぜイベント会場に直行しないのか?そもそもなぜ普通に出社してきているのか?」という内容でした。

 

私はそもそも、その日開かれるイベントの担当者ではないし、事前に何の説明も受けていなかったし、この話自体が初耳だったので、その旨を説明し人違いではないかと上司に訴えたのですが感情的になっているので聞く耳もたず…。

 

真相はイベントの前日に担当者が体調を崩し、事務に交代要員として私を指名していたらしいのですが、事務がそれを私に伝える事なく帰宅していたらしいのです。

 

正直知った事ではないのですが、出社から一時間パワハラともとれる発言を交えた上司の説教を受け続けました…。

 

情けないやら悔しいやらで、とてもじゃないけど長く勤められる環境の職場ではないと判断しました。

 

やはり最初の話と違う!という部分は所属する会社自体に不信感を抱きますし、使い捨ての駒のような扱いをされて気持ちよく働けませんから…。

 

退社して良かったのだと今では思っています。

 

自転車操業ではあるまいし、なんでも先ずは社員の自費で、結果を出してからそこを補填だなんて…まともではないですから。

 

あのまま毎日精神を消耗するだけの日々を続けるより、思い切って転職したのは正解でした。

 

コメントを残す