真面目に仕事する人が苦労して、何もしない人が優遇される

 

社会人として、大人として働く時に最低限のマナーやルールというものは持っているべきだと思っています。

 

しかし、入社した会社ではそんな規則が全く守られていませんでした。

 

それは挨拶だったり、報告だったり、出勤の有無の連絡だったりします。

 

私は事務職についたのですがチームで仕事をしていました。

 

特に月末や月初は忙しいために本来自分が担当している仕事以外のものもやらなければならなくなります。

 

私は仕事だと思っているので忙しいこと自体は仕方のないことだし、自分が周囲と比べてどのくらい仕事量をこなしているかということを気にしません。

 

ここで気にしないというのは、あまり仕事をしていないという意味ではなく、自分が他人よりも多くの量をこなしたとしても気にしないということです。

 

-shared-img-thumb-AL201_nomikai1120140830190740_TP_V

 

しかし、職場では大して仕事もせず、ミスばかりを繰り返すのに仕事が大変で苦しいと騒ぐ人がいました。

 

その人はもう勤続20年以上です。

 

ベテランといってもいい程なのに未だに仕事の効率は悪く、愚痴を言ってばかりで積極的に仕事を消化していこうとしていませんでした。

 

また、無断欠勤や遅刻も多い人でした。こんな時に上司はその人への注意が甘いのです。

 

みんな忙しくても頑張っている中、何故真面目にやっている人達が苦労をして、何もやらないような人が優遇されているのかと思うときがあります。

 

例えば私のミスではなくても、注意されるのが私だったりします。

 

他の人のミスだったとしても、その人に注意するのではなく私にするのです。

 

それが私がリーダーならばとにかくそうではありません。

 

ミスは根本的に間違いを犯した人に注意しなければ意味がないと思います。

 

どうして間違えたのかと質問されてもそれは私ではありません。

 

そういった時に、私ではないとはっきり言えば言い返したことに対してまた叱られるので何も言いようがないのです。

 

そして間違えた本人にこのことを伝えても、自分は関係ないという態度を通すのです。

 

こんなやる気のない人を雇い、給料を払うなんてどうかしていると思っていました。

 

会社は中で働いている人の能力次第です。

 

こんな社員を野放しにしておいたらプラスになることはないと思います。

 

人の上に立つならば平等に接し、改善すべき点はしっかりと把握しておくべきだと思います。

 

どこの会社に行っても使えないのに何故かそのまま置いてもらえている社員はいると思います。

 

私の勤めた会社ではとにかくその人のおかげで色々と苦労をしました。

 

結局その会社は潰れました。

 

 

人間性を否定するばかりの別室指導に嫌気がさした

サービス残業当たり前

 

 

コメントを残す